東京のびのび教室 「こどもQ&A・スタッフ日記」〜子どものキャンプやスキースクールなどの紹介。また、スタッフの日ごろの活動日記や質問コーナーも公開。〜
こどもQ&A スタッフ日記一覧

更新日:2014年2月9日(日)

子ども日曜日アウトドアクラブはアスレチックへ行こう

クリックで拡大 東京都心では、45年ぶりの大雪が降りましたね。2014年2月の子どもアウトドアクラブは「アスレチックに行こう!」でしたが、大雪が降った翌日でしたので、代替プログラムで千代田区の北の丸公園にある科学技術館に変更になりました。御足元の悪い中、東京駅丸の内北口までお子様の送迎でお越し頂きありがとうございました。アスレチックとは大きく異なりますが、解散式の時に参加者のお子様が持っていた携帯電話の万歩計では10487歩と1万歩オーバー。お子様の歩幅に換算すると、4〜5キロ程度となりますでしょうか?(年齢・身長にもよります。)大人の足では7〜8キロと言ったところで、アスレチックに匹敵する位の運動量がありましたね。JR東京駅丸の内から15分程度の場所で電車での移動でしたが、科学館内で相当体験し歩いたのでしょう。さて、本日は悪天候なので室内の子ども達の科学館や博物館などは相当混んでいるだろうと思っていましたが、あれっ?過去に見た事の無い位のガラガラ空き空きでした!画像をご覧になればお分かりになると思いますが、大人気の科学館を貸切状態です。その為、いつもは先着順のコーナーや順番待ちをしなくてはいけない体験もどれもすんなり体験する事が出来ました。結果論ではありますが、行って良かったねっ。もちろん、これだけの大雪が降ったので、北の丸公園で雪遊びも行い大きな雪だるまも作りました。大雪なのでご心配も多いと思います。まず第一に安全の確保は欠かせませんが、こんな天候だからこそ今の子ども達に見せてあげたいと思った活動でした。教育と保育の2側面を担っている東京のびのび教室からだこそ、週末日曜日の一時のお子様のお預かりとしても、単に楽しむだけではなくしっかり学びがあり伸びるプログラムです。次年度(2014年春)からは、各クラブ共通チケット(回数券)が始まります。体操教室もアウトドアクラブもその他の倶楽部も、思いっきり子ども達に体験させてあげられますね。始めようと思った時が適齢期です。次回、4月の子どもアウトドアプログラムは「春探し大冒険」(四季折々の春夏秋冬に合わせたアクティビティをご用意。)今春はどんな大冒険になるのか?りゅうお先生と一緒にリュックに夢と希望を詰め込んで『さぁ!出かけませんか?』春からの新規ご入会受付中です。継続会員の皆様は、継続年会費のお振込みをお忘れなく…。パークスクール募集要項会員様へのお得な最新情報にてご案内しています。

更新日:2014年2月3日(月)

体操教室ハイパーサポート個人レッスンタイム

クリックで拡大 2月2日の日曜日の習い事。年間型幼児と小学生の体操教室ハイパーサポートクラブの個人レッスンタイムでした。今年度は時間延長でお一人様90分になりました。また、2013年度制のメンバーは、希望制でしたがほとんどの方がお申し出になり、その他の方はすでに年間を通して平日プライベートレッスンのご依頼を受けているので皆さんしっかりサポート出ていると思うと嬉しく思います。やはり、個人レッスンの伸びは違います。マンツーマンの個人プライベートレッスンは短い時間でも成果が出やすいと思います。もちろん、カリキュラムもお子様一人一人に合わせたレッスン内容で指導の速度もお子様に合わせて…。しかも、東京のびのび教室のパークスクールでは、体操教室で短期上達を目指し結果を出せる『りゅうお先生』が責任を持って対応をお約束。ある方よりは「様々な出張教室があるが、よくある体育の家庭教師と言うところは、やはり商売なのですね。一日のレッスンの課題が決まっていて今日教えるのはココまでと。いくら目の前のお子どもがその先まで出来ていてもあえて次につなげてレッスン料を取る…。しかも、体育大学のアルバイトが担当している。」との貴重なご意見を伺いました。やはり教育と言っても商売なのでしょうね。ですが、東京のびのび教室のパークスクールは「商売」でなく「職人」であり続けたいです。もちろん何事でも商売とお考えになるかもしれませんが、儲けるのではなく稼ぐ生業(なりわい)として子ども達と真剣に接していきたいと考えております。画像は、個人レッスンタイムなのであまり公開しておりませんが、上手になったので思わずパチリッ。縄跳びの練習中ですが、縄を片手にだけ持って回しています。このお子様は、二重跳びが課題ですが、リズムが取れるようになったので後は縄の回し方へ。いきなり両手でレッスンをするのではなく、お子様に環境や状況に合わせてこの場合は、まずは片手左右から回し方の弱点を的確に見定めます。「片手でも出来ない事が、両手で出来るはずがない!!」と当たり前の事ですが、こんなところも的確に見定め多くの子ども達を指導してきた経験豊かで楽しくこわーい(*^-^*)りゅうお先生だからこそ。見事、二重跳びが一回出来るようになり後は連続へ続くのみ。名コーチの元での個人レッスンが上達への近道です。春(5月開校予定)からの2014ハイパーサポートクラブのお申し込みは間もなくです。定員限定6名の少人数制の年間クラス。メルマガ登録等で、お申し込み開始のいち早い情報を得て下さい。なお、春からは平日限定のプライベートレッスンが、さらに皆様のご要望でバージョンアップして開講します!もちろん、りゅうお先生が責任を持ってご対応。「日曜日は都合が悪くて…。」「対個人で徹底的に見て貰いたい。」「なかなかお友達となじめないので…。」「働いているので時間の都合が付きにくい。」とそんなご家庭にお勧めです。カリキュラム内容は、跳び箱・鉄棒・縄跳び+αスイミング(希望制)を網羅した徹底的にお子様の成長を責任を持ってサポートします。もちろん平日限定プライベートレッスン内での対応で10回を目安としています。詳細は、またお知らせしますね。いち早くお聞きになりたい方は日本橋事務局までご連絡下さいませ。

更新日:2014年1月28日(火)

跳び箱鉄棒縄跳びのハイパーサポート修了

クリックで拡大 昨年5月の日曜日より始まった、幼児のキッズと小学生のジュニアが6名限定で集まり、一年間かけて跳び箱の開脚跳び〜閉脚跳び、鉄棒は初めての鉄棒慣れから前回り、もちろん逆上がりも。縄跳びは前回しや交差跳び、目指すは連続二重跳びの体得を目標に年間5回(夏合宿宿泊サマースクール・個人レッスンタイム除く)ですが、みんな見事に課題達成出来ましたね。これも、本年度は夏休みに全員必須で当教室の所有施設の海の合宿所で宿泊夏合宿を体験し、親元を離れた自立へと向かうレッスンが子ども達を大きく伸ばしたのだと実感します。やはり「自分の事は自分で」をテーマに自立と自律。より挑戦する気持ちを育みます。何よりできた出来ないではなくチャレンジしている姿が美しくカッコヨカッタです。日曜日の習い事の体操教室ハイパーサポートクラブの画像は、野外ステージの上で発表会を行っています。ちょっと緊張気味のメンバーですが、今思い起こせば、昨年の春のあどけない表情から夏の緊張した面持ち。そして秋の真剣な眼差し、さらにこの成長し自信へと向かって行く勇士。みんな全力で向かって行った1年だからこそ得る事が出来た賜物ですね。全体でのスクールレッスンは無事終了し、残すは今週末の日曜日の「個人プライベートレッスンタイム(各個人時間指定90分マンツーマン対応)」で締めくくります。通常の日曜日の体操教室は8名の少人数限定ですが、本ハイパーサポートクラブは、さらに参加メンバーを少人数に絞りカリキュラムもオリジナルの6名限定は成果が出やすいですよね。ご参加の皆様の声からも「近所のスポーツクラブやスイミングスクールでは待つ時間が長くて、結局子供がやっている時間が短く、さらに、指導の仕方も当たり外れがある…。」と感想を聞きます。東京のびのび教室のパークスクールは、日曜日の習い事としっかりと位置付けて、参加人数も6〜8名の少人数限定で、ほぼ個人レッスン中心のお一人お一人のお子様に合わせた独自のメソッドです。講師も、しっかり結果を出す平日限定プライベートレッスンでも有名なりゅうお先生が責任を持って完全に最後の最後まで指導に当たります。こだわりの日曜日の習い事幼児と小学生の習い事なら東京のびのび教室のパークスクールで決まりですねっ。早くも5月開校予定の『2014体操教室ハイパーサポートクラブ』の募集要項の公開は月末を予定し、2月初旬より先着順にて受付を開始致します。お子様を想う気持ちから本物の価値が分かる方へおススメのこだわりのパークスクールです。6年目の本年度も無事修了出来ました。ご参加の皆様ありがとうございます。春からも、体操教室やアウトドア野外体験クラブ、夏休みはサマースクール宿泊夏合宿、そして冬休みと春休みは、大人気のキッズとジュニアのバッチテスト合格を目指す東京発宿泊型スキー教室合宿。コツを伝え自信へと変えるのが子どもパークスクールのびのびマジックです。

更新日:2014年1月20日(月)

アイススケートレッスンは幼児4歳から小学生

クリックで拡大 2014年もスタートし1/19の日曜日は、第1回目のアウトドアクラブでした。毎年この時期恒例のアイススケートレッスンは初めての幼児のお友達から毎年継続してご参加の小学生チームまでわくわくドキドキを胸にJR東京駅丸の内に集まって来ました。画像にもありますが、幼児のお友達は4歳。その後ろに写っているお友達は小学生。小学生のお友達も3歳6か月からデビューして今やしっかり、小さなお友達のお世話も出来るように立派に成長しましたね。これも継続したり、ちびっこリーダーとして責任を持ち本物のお仕事体験をしているからこそ身に付いたソフトスキルです。幼児のお嬢様もこれからもご参加になり、いつかきっとリーダーデビューをしてくれることを願っています。さて、スキーとアイススケートの共通点と相違点はどこでしょうか?まず、どちらもバランスが大切と言う事や身体の中心線が重要と言う事はお分かりだと思います。しかし、スキーは前に体重を乗せ斜面を滑り落ちていきますが、アイススケートは、踵を中心とした体重移動で氷上を滑ります。アイススケートでは、真っ直ぐ滑っているように見えますが、実はジグザグに動いているのですね。知っていましたか?「スキーを知りアイススケートを学ぶ。アイススケートを体験してスキーを知る。」初めてのお友達もスケート靴の履き方から歩行、幼児初心者用のリンクから歩いて滑って転んで。午後には、別人のような滑りになり本格的リンクデビュー!!毎年ご参加のお友達は、ターンやバック、スピン・スパイラルなどの技にもチャレンジしています。でも、みんなが一番い楽しみにしているのは最後の先生との鬼ごっこだったりして…。(先生の猛スピードにはみんなOUTだね。)楽しいだけでないのが東京のびのび教室の日曜日の習い事。でも、そんな中でも一生懸命全力で目標に向かっているからこそ、短い時間でも出来る成果が出てくるものなのです。本物の体験がお分かりになる方は選んでいます。来月は本格的アスレチックに行きます。今週中には、お申し込み受付専用サイトパークスクール募集ホームページに少人数制にて受付開始予定です。お見逃しなく。日曜日の日帰りデイレッスンは寒さに負けず邁進中です。(2月は体育館利用・昼食付、個人レッスン対応が中心です。)なお、皆様お待ちかねの『2014春休みジュニアバッチテスト合格の為の幼児と小学生のこどもスキーテックin菅平高原スキー場』のお申し込み受付は、陸上スキートレーニングクラブメンバーならびに2013冬休みスキースクールにご参加の皆様が最優先受付になり、明後日1月22日(水)10:00よりスタート予定です。(今回は、会員優先受付期間は1週間。1/22〜28にお席の確保を。)募集条件は冬休み同等ですので、WEBフォームよりお申込み下さい。会員の方は、13:00より受付開始。さらに空きがあるコース・クラスのみ翌週1/29日から少人数制で若干名の受付を致します。詳細は、HPにて告知いたしますので今からスタンバイをお願い致します。スキー教室は大人気の為、他団体と異なり追加募集等は一切行いません。どこよりもおもてなしの心から質を大切にしていますから。スキルアップとレベルアップ。始めたいと思った時が適齢期です。

更新日:2014年1月14日(火)

日曜日の体操教室で大縄跳び特訓

クリックで拡大 昨日は、2014年初の週末日曜日を含む3連休の最終日。体操教室パークスクールも今年新年のレッスンが始まりました。本日は、この時期にはどの幼稚園や小学校でも縄跳び(短縄二重跳びなど)の授業があるように、その延長線で子ども大縄大会や子ども大縄集会も必須で出てきますよね。クラスの中で一人でも跳べない子が居ると…。先生たち教諭も頭を悩ますところですが、子ども達本人が運動会のかけっこ同様に一番にイヤーな気持ちになってしまいがちです。もちろん、ご両親のお父様お母様方がご心配になるのもご察し致します。そこで、例年年初め日曜日の1日完結型・東京のびのび教室の体操教室パークスクールでは短縄跳びの前まわしから二重跳び、さらには午後のレッスンでは大縄跳びのコツまで網羅したお得度満載の短期レッスンでした。画像はちょっと動きのある写真なので上手に映っておらず恐縮ですが、迎え跳びにて上手に跳ぶようになりました。(走って行き大きくジャンプしている場面です〜。)レッスンでは、毎回ご参加頂いているメンバーなので、継続練習の延長線として、まずは短縄で自信を付け、その後、大縄跳びをすぐに行うのではなく、プレジャンプや大縄跳びのルートの確認など、縄が回っていない時にいかに自分でイメージが出来るか?これがポイントであり大縄跳びに限らずコツと言われる部分ですね。単に何度も鬼特訓をするのではなく、理論に合った、また子ども達のモチベーションを上げてレッスンを進める事が重要なのです。さらには、屋外でのレッスンは低年齢の子ども達を開放的にのびのびと長時間でも集中する事が出来る環境です。また、イメージや視覚的にカラーコーンやフープを利用し訴求する事でより一層子ども達には「できる」環境が整いますよね。比べてみれば少人数制のおもてなしはきっと初めてのご参加の方でもお分かりになるはずです。これがやがてレッスン終了後には「出来た!!」と言える独自のメソッドパークスクールマジックです。幼児や小学生の体操教室の個人レッスンなどは多数ありますが、「完全に出来るまで」自信を持って対応する事をお約束します。東京・日本橋にあるお顔の見える関係・会員制出張型レッスンのお教室は、2014年も幼児体操教室にアウトドアクラブ(週末子どもお泊まり倶楽部)、冬休みと春休みのスキー教室に宿泊サマースクール合宿など新年度の開講は4月にプレ開講し、GW明けの5月とちょっと遅いスタートのお教室ですが、今年も全力で子ども達に真剣に向き合い自信へと繋げましょう。

更新日:2014年1月7日(火)

新年2014年もスタートし春休みから夏休みへ

クリックで拡大 旧年中は皆様に支えられ大変お世話になりました。2014年もスタートしましたね。新年からもどうぞ宜しくお願い致します。さて、昨日1/6より日本橋事務局が開局し、毎年の事ですが会員の方や関係各社より年賀状を頂き嬉しく思っております。例年ですと、当教室からも1月1日にはお手元に届くようにスタンバイしておりますが、今年は年賀状ではなく何か変わったことをしようと昨年から考え続けています。もちろん書面での年賀状の意味も大切ですが、2014年の意気込みも込めて…。参加のお子様だけではなくスタッフ自身も共に成長し、自信を糧に使命を果たしていきたいと考えています。今年も、様々な角度でアプローチし皆様の成長を支援して参りたいと思います。その意気込みとして、今年は特に少人数制よりももっときめ細かく対応できるように対個人をしっかりサポートする事をテーマに、ご希望があれば、無料相談会や無料個人面談等を平日の昼間にお一人ずつ行おうと企画しています。日本橋事務局のお近くや東京駅丸の内の周辺でランチでもしながらお子様の事がお話できたらと思います。(ご希望があればお近くまでお伺いしてお話を伺うことも可能です。)この想いは、昨年度末に行われた2013年冬休みスキー教室合宿で確信を持って実施したいと思いました。幼児の年長時に会員になり、中学校3年生まで在籍し、現在3兄弟の長男のお子様です。幼児の頃は、現在も在籍している三男のお子様がまだお母様のお腹の中に居ました。長男のお子様が今は高校生になって、冬スキースクールでは、本格的にサブリーダー(スタッフ)としてアルバイトではありますが、デビューしました!!こんなサイクルって単に教育しただけではダメなのですよね。心も身体も。そうです。卒業しても育成していく事が大切なのです。現在会員のお子様にも与えるだけではなくその手段をお伝えし多くの大人の目で成長を促せたらいいですね。そんな新年(信念)の2014年をスタートさせたいと思います。東京のびのび教室を大きくしない理由はそこにはあります。卒業しても最後まで責任を持って教え育てる事が年長者の使命だと感じています。これも何かのご縁ですから。いつかは皆様のお子様も…。画像は、朝日が昇る前の夜明け前です。またスタート位置にも立っていないこの状況を皆様はどう捉えますでしょうか。何かが変わらなくても何かが始まる。そんな最後の希望を胸にいつかのその日まで…。今日までそして明日から。今を全力で生きていきたいと今年も誓いを立てました。週末の連休13日から日曜日の幼児と小学生の習い事パークスクール日帰り体操教室レッスンが始まります。次週は、アイススケートレッスンにハイパーサポートクラブ完成編。来月は、個人レッスンタイムやアスレチック大冒険。初夏に残した、アスレチックスポーツクラブの鉄棒、うんてい、逆立ち等のマット運動もレッスン。さらには、ボールの蹴る・投げる、まりつき、シュート、遠投、必須のジグザグドリブルなども網羅。ぜひ、春になる前に子ども達の自信へとつなげ、春からのスタートラインで一斉にダッシュしていきたいですね。今年も変わらず変わって行くスローで変化の多い不思議な習い事のユニークさは変わりません。日本橋にある幼児と小学生の為のお教室を2014年も宜しくお願い致します。

更新日:2013年12月29日(日)

幼児と小学生のジュニアバッチテスト冬合宿終了

クリックで拡大 本日2013年12月26日の夕方をもちまして26日より菅平高原スキー場を舞台に幼児と小学生がジュニアバッチテスト合格の為の冬休みこども合宿が無事終了する事が出来ました。ご参加の皆様ありがとうございました。バスは遅れる事も無く東京駅日本橋口に到着しご両親様の元にお帰りになりホッとしております。4日目の最終日は、おみやげ班とスキー班に分かれての選択プログラム。おみやげ班は、ご家族のために一生懸命にお土産を選んでいる姿が印象的です。スキーチームは、バッチテストが終わっても時間の許す限り最後の最後まで全日本技術選手権現役出場選手で東京のびのび教室のスキーアドバイザーのきっこコーチと何度もリフトに乗って練習している姿はこれからの意気込みが感じられますね。さて、気になるジュニアバッチテストと一般BTの結果ですが、ジュニアバッチテスト1級合格者を輩出。また、ジュニア2級の合格者も。さらには、一般バッチテスト4級には小学校2,4年生が合格。さらに今シーズンよりシュテムターンが種目として加わった3級にも合格者が出ました。もちろん3〜6級までは全員合格!!決してバッチテストの結果のみがテーマではありませんが、キッズやジュニアの子ども達のモチベーションアップと次へのステップに繋がるレベルアップとして子ども達の冬休みスキー合宿は良い刺激になった事でしょう。これからも、更なるスキルアップを目指し、挑戦する気持ちを育めたらいいなぁと考えています。画像は、最終日までスキーを練習しているチームです。合格しても不合格でも、諦めずに最後まで必死になっている子ども達の姿って素敵ですね。それを支援サポートするのが当教室の使命であり、また、ご両親様もその熱い思いを汲みとり支え送り出すことが大切であり、多くの大人の目で幼児や小学生の子ども達を見守っていけたら良いですね。いつでも夢を持ち続け最後の希望となるように…。今年2013年も本日をもちまして全てのスクールレッスンが終了できました。来年2014年は1月6日より日本橋事務局が開局し12日の日曜日から通常レッスンが始まります。春休みのスキースクール合宿のジュニアバッチテスト合格を合言葉に、さらなるスキルに磨きをかけレベルアップを目指しましょう。では、良いお年をお過ごし下さい。

更新日:2013年12月28日(土)

キッズとジュニアバッチテスト合格へ第3日目

クリックで拡大 今シーズン2013-2014よりジュニアバッチテストと一般バッチテスト(BT)の検定種目が大幅に変更になり、講習内検定や年齢制限の変更、さらには、県連単位でのジャッジ種目の変更など大きく様変わりしました。東京のびのび教室の冬休み子どもスキースクールの第三日目は、新ジュニアバッチテスト検定会対応の受験日でした。朝は小雪が舞っていましたが、昼間は画像の様にとても良いお天気でピー缶とでも言いましょうか。バッチテスト検定会にはゲレンデの雪面のコンディションも受験者の子ども達のモチベーションもUPしています。今回は「スキー合宿の質」お向上させたく、原則一見さんをお断りした経緯から、ほぼ会員オンリーのスキー合宿スタイルのごく少人数制だからこそ出来たスキースクールですね。今回は、上級の1,2級の壁が厚く全員合格は出来ませんでしたが、次回以降の春休みスキースクールでの検定会に向けての合格への近道の整合性も付き、今から春休みスキー教室が楽しみになってきました。冬休みのスキー教室の先にある春休みまで特訓をしてゲレンデに通い詰めぜひ、1つ上級を目指しスキースキルアップと挑戦する気持ちからレベルアップを図り目標の級が取得できるとイイですね。今回は、一般のバッチテスト3,4級の合格者も輩出しましたし。もちろん、ジュニアバッチテスト1,2級の合格者も出ました。初めてのスキーや経験者の中級が受験した3〜6級は全員合格の快挙です。参加の子ども達への合格発表はこの後行いますが、きっと今頃はドキドキ結果を待っている事でしょう。合格でも不合格でもそこまでの過程(プロセス)が大切なのです。もちろん結果が伴えばより良い事は間違いないですが…。その先の、春休みスキースクールの絶対取得を目指し全力で向かっていきたいですね。春休みスキー教室の募集開始は、来年2014年1月中旬を予定しています。すでにオフィシャルサイトには、速報をアップしています。春休みはぜひジュニアバッチテストを受験してみてはいかがでしょうか?

更新日:2013年12月27日(金)

全日本選手権出場コーチによるスキー教室2日目

クリックで拡大 東京発宿泊合宿型・新スタイルの冬休みジュニアとキッズのジュニアバッチテストと一般BT合格を目指すスキー教室の第2日目も無事終了しました。本日の菅平高原スキー場は、雪が降り一部ゲレンデ斜面では大風が吹いていました。東京のびのび教室のホテル目の前のゲレンデは、地元でも有名で「寒くて風が強い日はみんなここにきて練習する程」安全で快適なバーンとなっているので、本日からの本格レッスンもスムースに行えました。参加の子ども達の生活リズムもしっかりしつつあり、初めてのお友達も移動や行動、さらには挨拶やお返事なども身に付いてきました。これも、親元を離れた宿泊合宿の成果の一つですね。さて、午前中のレッスンよりテクニカルコースとレベルアップコースは準備体操をしたらすぐにリフトに乗って消えていくところですが、全日本スキー技術選手権現役出場選手コーチが「ツアー形式で滑り出来るだけ行った事の無い斜面に子ども達を連れて行きたい」との思いから、ホテルの専務のご厚意で公用車で移動し、ツアーレッスンをしながらホテルまで帰ってくるプログラムに変更。こんな小回りの利く運営体制も少人数制ならではの子ど達一人一人を常に意識しているからこそ出来る処ですね。お昼はホテルに戻り昼食を取りホテルの畑で雪遊びをして午後のレッスンへ。さらに、他団体では珍しいナイタースキーレッスンは、今回は何とポール(スラローム)にチャレンジしました。ナイタースキーでここまで行うのは絶対の自信の表れでありこだわりの部分です。以前は、ジュニア検定でも行っていた種目ですが、完全な基礎スキーに変更になり、ジュニアやキッズでもポールの練習は所属チームが無い限り個人では対応が難しいところ。それを、東京のびのび教室では専用のバーンを用意して貸切で練習に励みました。制限滑走は、今までのように自由にフリーに滑るのとは違い困難だと思ってしまうメンバーも。しかし、画像の様に、幼児の時に少しだけご家族でポールをレッスンした程度で、現在は基礎スキーに専念している参加者ですが、今回のメンバーでは群を抜いてテクニカルな部分が上手で、小学生でありながら中学生もビックリ!!全日本選手権出場中の現役選手も、この「攻め」は一目置き、参加の子ども達からも称賛を浴びていました。こんな宿泊合宿の良くありふれた一場面ですが、きっと彼は自信に生まれ変わりさらにスキーが好きになった様です。参加者同士が切磋琢磨し、全日本レベルのコーチのお墨付きを貰えば、本物の自信に変わること間違いなしです。これが、少人数制による参加費の違いでしょうか?本物が分かるプライド高き方のみと末長くお付き合いしたいと考えております。最後に、会員専用ページの掲示板へ、ご参加中の方より書き込みがありました。『26日が息子の誕生日ということで、お祝いまでして頂いた様子。写真を拝見して喜んでおります。 今回は夏とは違い、先生の怖さ?も記憶にあるようで、出発前はちょっとブルーになっておりましたが、「お兄ちゃんに負けないでバッジもらってきてね!」というと、気分が変わりやる気になっておりました。そんなちょっと弱気なところも見せた彼ですが、お祝いをしてもらえたこととても喜んでいると思います。何かと足りないしつけ、準備もあるかと思いますが、最後までよろしくお願いいたします。』
皆さんも感想をお寄せ頂き東京からも盛り上げて下さいね。きっと、この思いは子ども達に伝わり、明日3日目のジュニアバッチテスト検定会に届く事でしょう。明日のジュニアバッチテスト検定会の様子も現地より速報でお伝えします!!(会員の方はパスワードを御入力し会員サイトのリアルタイム日記をお楽しみください。1日20回程度も更新しています。)

更新日:2013年12月26日(木)

初日の冬休み子どもスキーテックin菅平高原スキー場

クリックで拡大 今シーズンの幼児と小学生の冬休みもジュニアバッチテスト合格の為の東京発宿泊合宿型の子ども専用スキースクールが本日開講し初日第一日目です。今回は、失礼ながら募集を絞り例年の約半数の20名の東京のびのび教室パークスクールの冬休みと春休みのスキースクールでは、過去、極稀の少人数制での開催となりました。参加する方には非常にバリューのあるお得感満載ですね。今回は、東京のびのび教室のある想いが込められているので、参加者を選び選ばれたステータスのある方のみがご参加に慣れる運びとなりました。やはり参加費が高いのは訳があると言いましょうか、スタッフのスキーに対する情熱や熱意の熱い想いとでも言いましょうか…。どちらにせよ誇り高きプライドをお持ちなようですね。さて、東京駅に集合し、サクッと受付と保護者の方より引き継ぎを行いました。ほとんどの方が例年毎回ご参加の方なので受け付けもスムースです。バスも順調に走行しアっと言う間に菅平高原に到着しました。車内や休憩タイムも和気あいあいで、初めてのご参加のご学友もすぐに打ち解けていました。こんなご心配の多い子ども達の様子も、会員様にはリアルタイムで分かる会員専用のリアルタイム日記は評判で、昨日も現地より独自のシステムのサイトに20回ほど更新が出来ました。こんな「お・も・て・な・し」も大人気の秘密です。東京でお子様の帰りをお待ちのご両親も、お子様が今頃何をしているか気になるところですから。菅平高原スキー場に付くと、今回も当教室のスキーアドバイザーである全日本スキー技術選手権現役出場選手であるスキーコーチがみんなんをお出迎え。早速、午後のレッスンから子ども達の指導に当たって下さり、ナント上級者では初日にしてはMAXの20回ほどもリフトに乗車したようで…。(画像のスペシャルチームです。)リフトフル活用でレベルアップを目指しバッチテスト合格の一歩を進んでいました。そして、ゲレンデ目の前のスポーツリゾートホテルに戻り、ホテルの専務と女将さんのご厚意で毎回東京のびのび教室だけの為に大浴場を貸し切りにして下さい感謝しています。夕食時には、本日お誕生日のメンバーがいるのでちょっと遅いサンタクロースがお祝いに駆け付けケーキにロウソクに火を灯しました!おめでとうっ!その後、東京のびのび教室では幼稚園や保育園の幼児でもナイタースキーまでスキーレッスンを行います。ここまでスキーを極めジュニアバッチテスト合格を目指しているのは、他団体には珍しく東京のびのび教室の独自のメソッドです。これがあるからこそ、明日からの本格的レッスンに期待が出来合格率も上がるのだと確信しています。レッスン後は、スポーツリゾートホテルに戻り就寝準備(お薬があるお友達はきちんと服用しましたか?)をして、やはり初日なのでみんな疲れた中にもとても良い表情になってきました。あっという間に夢の中。お休みなさ〜いぃ。菅平高原では、気温が例年より高く小雪が舞っています。参加者全員元気に活躍していますのでご安心下さい。明日からの現地からの日記もお楽しみに…。文責:現地で対応に当たるキャンプ長
追記:会員の方には、本日のお子様のスキー宿泊合宿の写真(画像)を会員専用サイトのホームページに初日第一日分をすでにアップロードしています。こんな迅速なサービスもお子様を大切にお預かりする自信の表れです。初日は、チャーターバスでの移動などが多く枚数が少ないですがアクセスしてお楽しみ下さいね。

更新日:2013年12月16日(月)

冬休みジュニアスキースクール開催直前レッスン

クリックで拡大 あと10日で2013-2014シーズンの冬休みこどもスキーテックin菅平高原スキー場が開催されます。毎年大人気の東京発宿泊型合宿形式の幼児と小学生の為のジュニアバッチテスト合格を目指すスキー教室です。その前に、昨日はゲレンデに立つ前にスキーの動きをマスターする陸上スキートレーニングクラブの振替日程2回目でした。4歳の幼児のお友達と小学生の2名の完全個人レッスン形式対応のお得なパークスクールレッスンでした。振替日程ですが、東京のびのび教室では、最後まで責任を持ってお子様の成長をサポートする為に参加人数が少なくても手を抜いたりしません。先週とほぼ同一レッスンを行いました。もちろん、人数が少ない分プラスαのお楽しみも…。前回同様、室内での座学に始まりランチバイキングから午後は斜面を使ったストックワークバランスまで攻略しました。(会員の方は専用ページの日記でリアルタイムにご報告しています。)幼稚園児の4歳のお子様は、ジュニア6級の緩斜面を直滑降からプルークで停止まで。また小学生のお友達はスピードを重視するにはどうすれば良いのか?本人なりに、プルークではいけないと言う事に気づき、そこからシュテムターンへと向かうことを理解しました。決して上級のジュニア1,2級や一般BTだけのスキー講座ではありません。アウトドア型の体操教室の延長線上と言ったところでしょうか。決して、難しい動きをマスターするのではなく、雪面のゲレンデに立つ前に身体と心を意識させるトレーニング方法です。もうすぐクリスマスに終業式ですね。それが終わり、12月26日より4日間の日程で菅平高原スキー場と菅平高原スキー学校を舞台に、ジュニアやキッズの子ども達はバッチテスト合格を目指していきます。結果はどうであれそこまでのプロセス(過程)が大切なのです。もちろん、結果が伴い合格すればなお素敵ですが。何事にも挑戦する気持ち(チャレンジ)をテーマに宿泊生活面からもアプローチします。なお、現地でのお子様の様子を知りたいですよね。そんな方の為に、会員の方にはリアルタイムで1日20回程度で現地のお子様のレッスン風景をアップします。一般(ビジター非会員)の方は、本サイトにて1日1回の更新ですが現地の様子をご報告致します。ぜひ、楽しみにお待ち下さいね。また、春休みスキー教室は3/26〜29日の日程で開催予定です。来年2014年1月中旬には募集が始まりますよ。今からメルマガ登録やスケジュール調整等でスタンバイをお願い致します。
追記:本年の日曜日の子ども達の日帰りデイレッスンパークスクールは、本日をもちまして無事終了する事が出来ました。(年度は終わっていませんが。)残すは宿泊合宿のスキースクールのみになります。お荷物の準備だけではなく健康管理もしっかりして26日東京駅日本橋口で元気にお会いしましょうねっ。

更新日:2013年12月11日(水)

ジュニアバッチテスト合格の為の陸上スキー

クリックで拡大 12月8日の日曜日の幼児と小学生の1日完結型パークスクールレッスンは、11月に開催予定でした「2013-2014シーズン陸上スキートレーニングクラブ」の振替日程を開催しました。冬休みと春休みの東京発合宿型宿泊スキースクールの前に毎年開催していますが、日程が変更になりお申し込みの皆様にはスケジュール調整等のご迷惑お掛けしましたが、無事に日程も決まり、お申し込み者全員が冬休みスキー教室前にご受講出来る運びとなりましてホッと安心しています。陸上スキートレーニングクラブは、毎年ご参加になる方が多く、子ども達のスキーバッチテストに対する熱い情熱やそのご家族の皆様のサポートする熱意がひしひしと伝わってきます。その為、毎年カリキュラムを変更して少人数制でレッスンしています。さて、陸上スキートレーニングクラブは、ゲレンデに立つ前に、キッズもジュニアもJrバッチテストや一般バッチテスト合格の為の身体の動かし方をレッスンします。1日完結型のパークスクールレッスンは東京駅丸の内に集まり早速スタートです。師走ですので東京でもだいぶ寒くなってきました。その為、まずは暖かい室内でスキーの理論座学とスキーバッチテストに対する心得を指導。その後、抜き打ちペーパーテストを行い、ジュニアバッチテストの着眼点をしっかりマスターしましたね。今シーズンからまたまたバッチテストの受験要綱が大幅に変更になり、種目も「基本的なパラレルの大回り・小回り・シュテムターン」などに変わり、さらには一般バッチテストの年齢制限も無くなり、毎年変化していくスピードには情報収集の為にも陸上スキーはシーズン前にいち早く勉強できるので嬉しいですね。お昼はランチバイキングです。(参加費込)たくさん食べてデザートまで付いています。しかも、自分たちで綿あめまで作って大満足です。午後は、公園の斜面を使ったストックワークと体重移動のトレーニングでした。日曜日の習い事である1日完結型のパークスクールレッスンは、室内ではなく屋外でのスクールです。その為、幼稚園児や小学生から中学生まで、遠足気分で一日を過ごし、自然とレッスンに集中する事が出来る事が特徴です。また、頭ごなしでは無く自然に親しみながらマスター出来る様な独自のメソッドのカリキュラムとなっています。東京都内でありながら公園の自然で四季の移ろいを感じながらのレッスンは、キッズやジュニアも楽しみながら自然とレッスンに感化されモチベーションもアップ出来る事は想像容易い事でしょう。画像は、スキートレーニングをしている様には見えませんよね。ちょっとスキーストックを持って大きな丸太に座り休憩しているのかな?と思いませんか?いえいえ。これこそが独自のメソッドのパークスクールレッスンなのです。出来るだけ子ども達の日常生活に近い動きから、スキーや体操教室への身体の使い方をレッスンします。どうです?子ども達のこの笑顔は?「あぁ。これか。分かったよ!!」と。途中でおやつタイムを設け、夕方にはまた東京駅丸の内に帰着。今回は振替の為約半数の人数なので、中学生の参加者も最後はグッタリする位疲れたようです。(それだけ沢山身に付いた事でしょう。)陸上スキートレーニングクラブは、本来は原則連続受講が基本ですが、今シーズンは私学入試受験の当たり年の為、まだ空きがございますのでご参加になりたい方のお申し込みは、パークスクール募集要項ホームページの冬のサイトフォームから受け付けております。次回は12/15に開催します。そして第二回は2014年2月16日にレッスンです。バッチテスト合格を目指すなら、ゲレンデに立つ前に陸上でトレーニングを積み春休みの合格を目指し、子ども達の自信へと繋がってくれたらと思います。
追記:冬休みジュニアスキースクール開催まであと2週間程となりました。昨日(10日)、東京・日本橋事務局より「2013-2014シーズン冬休みこどもスキーテック」の参加者の皆様へ栞等の詳しいご案内資料を発送しました。概ね、明後日(12日)までには各ご家庭に投函予定です。ご一読頂き、お荷物のご準備や健康管理をお願い致します。

更新日:2013年11月22日(金)

ジュニアバッチテスト陸上スキートレーニング2013

クリックで拡大 11月17日の日曜日は、2013−14スキーシーズンの陸上スキートレーニングクラブのレッスン日でしたが、延期となりました。楽しみにお待ち頂いたお申し込みの皆様には大変ご迷惑お掛けしました。(冬休みスキースクールの前には振替日程で開催します。)今年度は、天候の事情などで日程が大幅に変更になったり、新しいホームページ募集要項へ移行し、まだまだ馴染みが薄いのでしょうか?日帰りの募集が少人数制の中の少人数になるスクールレッスンも…。参加される会員様にはお得だと思いますが。今年の春より、エコ環境活動により、紙面の募集要項や総合案内を廃止し、WEBを中心とした募集受付に変わり毎月のレッスンのご案内も封書ではなく、皆様が各自でHPをご確認頂かなくてはならないので、ちょっとお手数ではございますが、今後ともHPをこまめにチェックして下さいね。なお、パークスクール募集要項のサイトでは、「メルマガ登録」が出来ます。最新のパークスクールレッスンの情報やジュニアスキー教室・子ども夏合宿募集開始の時期のご案内をメールにてお知らせ致します。ぜひ、会員の方は勿論の事、ビジター(非会員)の方も登録できますので、ぜひご利用下さい。さて、画像は、冬休みスキー教室のレッスン風景の一部ですが、ナントスキーレッスンではありますが、ボールを股に挟んでいますねぇ。当教室の冬休みと春休みのスキースクールは、単に滑るだけでは無く独自のメソッドのカリキュラムでジュニアバッチテスト合格を目指します。その為、陸上スキートレーニングクラブでは、ゲレンデに立つ前にスキーでの身体運動である身体の使い方を学びます。これは、日曜日の幼児と小学生の習い事である東京のびのび教室のパークスクール体操教室同様にレッスンしています。いかがですか?冬休みスキースクールの前に第一回が春休みスキースクールの前に第二回目が開催されます。雪があり滑る斜面での動きは、陸上(斜面等)で出来なくては絶対にゲレンデでは動きが出来るはずがありませんよね。ゲレンデに立つ前にご受講されてみてはいかがでしょうか?2013−2014シーズン冬休みスキー教室の最終お申し込みを受け付けております。(すでに定員になっているコースもありますのでご了承下さい。)ジュニアバッチテスト合格を目指すなら東京のびのび教室のパークスクール陸上スキートレーニングクラブで決まりですね。

更新日:2013年11月14日(木)

縄跳び二重跳びステップアップその1

クリックで拡大 11月10日の日曜日の体操教室パークスクールは「縄跳び二重跳び・ステップアップクラス(1)」でした。ステップアップクラスは、2回連続受講が原則のカリキュラムで縄跳びが初めての4歳の幼児お子様からあともう少しで二重跳びが完成する小学生まで1カ月に1回の日曜日のスクールレッスンで縄跳びの上達から二重跳びの完成を目標に全力で向かいます。今回は、今までの会員様向けの紙面募集要項の発送から新たなパークスクールサイトのWEB募集要項へ変わりまだまだ皆様慣れない様で…。参加人数が少なく2名と言う非常に手厚いほぼ個人指導のレッスンになりました。こんな時もあるのですね〜。こまめにホームページをチェックしてお申し込み下さい。ちなみに、東京のびのび教室の.orgオフィシャルページは総合案内のページへと変わり、今後は募集受付は新しいパークスクール募集サイトparkschool.jpからお願い致します。これからはメルマガ登録なども活用して、募集のタイミングを逃さないようにして下さいね。さて、ちょっとお天気が怪しい日曜日でしたが、雨も降らずしっかりレッスンが出来ました。画像は、初めて縄跳びを持った4歳の幼児とあと少しで二重跳びの完成になる小学生の縄のまわし方です。(ちょっと見にくくてゴメンナサイ。)どちらのお友達も綺麗になっていますね。まわし方にだいぶ差がありますが、これが、縄跳びレッスンが初めての幼児と継続している小学生の違いにもなります。次回、12月1日のレッスンです。
ちなみに、
<子ども達から評判の上手に跳べるようになる縄跳びを限定販売>
【りゅうお先生厳選セレクト「跳びやすいなわとび」】
1本 ¥2,100-(税込) カラー:パープルorピンク ※お一人様1本限りとさせていただきます。
もちろんただ跳びやすいだけでなく、使う人の身体に合った縄のサイズ調整もりゅうお先生が責任を持って行います。世界にたったひとつの自分専用・ピッタリ合う跳びやすい跳び縄でレベルアップしましょう。この機会をお見逃しなく。(お申込み予約の際にご購入の旨をお知らせください。)

更新日:2013年10月30日(水)

ハイパーサポートクラブ鉄棒完成編

クリックで拡大 10月27日の日曜日は、年間型のアウトドア体操教室パークスクールでした。鉄棒第二回目は幼児も小学生も鉄棒の逆上がりを完成をさせます。すでに基礎編では、しっかり鉄棒の基礎をレッスンしましたし、さらに、今回のメンバーは身体の使い方も上手でなので、ちょっとの補助ですでに逆上がりが出来ていました。今日はちょっとの練習で完成出来るのでしょうか?ですが、この「あとちょっと」が非常に難しいのです。その為、前回の高い鉄棒のぶら下がりで心も鍛え、今回は「たいした事なかった」と。この1か月で大きく成長しましたね。子ども達だけではありませんが、何でも1度経験してしまえばラクラクと言う事はご承知ですよね。子ども達には、何でも経験させて大きく成長して欲しいものです。さらには、アスレチック公園で「うんてい」の練習も行いました。これはカリキュラムに無いレッスンでしたが、こんなところも少人数制で一人一人をしっかり見えるから出来るスクールですね。多少のんびり進みましたが、幼児のお友達も画像の通りしっかり腕の引き付けも出来、さらには脚の蹴り上げも出来るようになりました。まだまだ動作不安定で出来たりできなかったり…。そこは、レッスン後は大変疲れているので、また翌日にでも鉄棒の逆上がりをやってみて下さい。きっと出来るはずです。ですが完全に100%出来るようになるにはちょっと時間が掛かるかもしれませんが、長い目で子ども達の成長を見守りたいと考えております。もし、また出来なくなってしまったら、平日限定にはなりますが体操教室個人プライベートレッスンで最後まで責任をもって対応を考えています。来月からは縄跳びになります。また来年には個人レッスンタイムもあります。子どもの「できた」から「自信」に変えて行きたいと思います。すでに次年度のハイパーサポートクラブのお問い合わせも頂いておりますが、同様に開催予定ですので募集開始までお待ち下さいね。

更新日:2013年10月21日(月)

小学生からのアスレチックスポーツクラブ

クリックで拡大 昨日の日曜日は「小学生からのアスレチックスポーツクラブ」のスクール日でしたが大雨でしたね。本年度のアスレチックスポーツクラブは、6月の第一回も募集が間に合わず、また本日の第二回は大雨で…。非常に残念でカリキュラムも終わっていませんね。昨日のような大雨では…。本来は、登り棒とうんていのレッスンでしたが、どう考えてもあの大雨ではレッスンになりません。警報も出ていた事ですし。第一回目の「走る・跳ぶ・バランス」第二回目の「登り棒とうんてい」そして、第三回目が「マット運動と逆立ち」と言うなかなかのカリキュラムですが、非常に残念です。振替も含めレッスンを再検討していますので、ご参加の皆様はご連絡をお待ち下さいね。ちなみに、来年2014年2月23日はすでに体育館の予約が済んでおります。単発のレッスンになってしまいますが、全て完全網羅できるようになると良いですね。現在検討中ですが、連続開催で前日の16日に「走る・跳ぶ・バランス・登り棒とうんてい」の一部をレッスンし、翌17日にも「マット運動逆立ち」以外にも全てのカリキュラムが開催できるように講師の先生と調整中です。来年2月の事ですが、今から連続日程のスケジュール調整をお願い致します。本年度の小学生のアスレチックスポーツクラブは、予定を変更して来年2月に完結できるように目指します。ちなみに、画像は昨年のクラブメンバーのお友達です。気持ちの良い青空の中で登り棒でてっぺんまで!!腕だけでなくしっかり足を使っているところがコツですね。とっても上手でした。今年度も開催しますので悪天候のため中止ではなく延期とお考えください。まもなく皆様にご連絡できると思います。一番やりたいと思っているのはきっとお子様ですよね。その思いを忘れずに調整して参ります。全ては子ども達の出来た自信へ。ご家庭のご協力もお願い致します。
『遠足(アウトドアプログラム)+レッスン(体操教室や挨拶などのしつけ)=パークスクール』のどこにもマネの出来ない少人数制のお教室です。あるブログの記事には、「東京に面白い幼児教育の塾と言えばいいのか、スクールと言えばいいのか分からないが。とにかくユニークだ。」と評判を頂きました。オリジナルでユニークな新スタイルのパークスクールは子ども達を大きく伸びます。「人と違う力を身に付けたい。」「運動でカラダを育む。」「心身を鍛える。」そんな方にパークスクールはおススメです。

更新日:2013年10月7日(月)

鉄棒逆上がり完成ステップアップその2

クリックで拡大 前回の鉄棒レッスンステップアップクラスその(1)から1か月が経ちました。初めて鉄棒を握るお友達や苦手意識が強いお友達も居ましたが、きちんと宿題をやってきたでしょうか?今回も前回同様に少人数制の3名でのスクールレッスンでした。ここまで手厚いと全員逆上がりまで完成して欲しいと切に願ってしまいますね。前回は基礎編でしっかりと鉄棒慣れをしていますので、今回は様々な鉄棒の技から逆上がりへチャレンジします。前まわりや脚抜きまわりなどの回転技を習得したら、今度は逆上がりのキックや腕の引き付けを習得します。さて、全員出来るようになったのでしょうか…。補助なしで完全に出来るお友達も居れば、4歳の女の子でも身体が軽いので腕の引きだけで逆上がりが出来てしまうお友達。あともう少し時間があればと思いました。ちょっと難しいお友達でも、補助を付けてコツを伝えてあげるとやはり朝よりもだいぶ完成に近い逆上がりの動きになってきましたね。あとは、みんなご家庭等の自主練習で「出来た!」を目指して自信を付けて下さいね。くれぐれも鬼特訓はしないように…。これから冬に向かって縄跳びの二重跳びのレッスンもあります。また参加して下さいね。

更新日:2013年9月30日(月)

ハイパーサポートクラブ鉄棒基本編

クリックで拡大 昨日の日曜日の子ども達の習い事パークスクールは、2013年度の幼児と小学生の年間を通した、鉄棒・縄跳び・跳び箱に特化したコツを伝えるスクールの第三回目は鉄棒基本編でした。メンバー6名ですが、1名は見学となってしまい残念ですが、夏合宿サマースクールを経験しているのでやる気に満ち溢れています。夏の宿泊合宿でお父様お母様の居ない処で大きく成長しましたね。とは言っても、レッスン前は緊張気味です。初めて鉄棒を触るお友達もいますので無理も無い事ですが。画像の通り真剣に身体支持を頑張っていますよね。さて、本ハイパーサポートクラブは、通常の体操教室とは異なり、オリジナルのレッスンカード等を利用して、視覚的にも訴求し短期間での上達を目指します。今回の5名は全員多少の補助や動作不安定なところありましたが、早くも1日で逆上がりの完成まで。独自のメソッドで短期上達が出来るパークスクール体操教室は、次回10月末に鉄棒応用編としてレッスンがあります。全員補助なしで逆上がりができると嬉しいですね。

更新日:2013年9月19日(木)

週末子どもお泊り合宿倶楽部は中止

クリックで拡大 9/14-15開催のお泊り合宿倶楽部は、台風18号が関東に進路を向けていますので開催を中止にしました。ギリギリまで日本橋事務局でも開催が出来ないか検討していましたが、やはり合宿所内と言えども、子ども達の安全を考慮し開催を取り止めた次第です。楽しみにしてくれた参加者の皆様、本当にごめんなさい。でも、日本橋事務局もギリギリまで迷い、当日の朝に最終決定としました。本来であれば前日の18時までに各ご家庭にご連絡しますが、今回は天候調査中として、翌日の朝7時まで延長検討しました。どうか、お教室のやりたい気持ち気持ちもご理解下さいね。しかし、ご両親様にはご迷惑お掛けしました。お荷物の準備やお弁当作りなどなど…。不可抗力と言えども申し訳ございません。さて、台風接近の時は皆様はどこで何をしていましたか?実は、スタッフは合宿所で待機していたのです。海が目の前の合宿所は、本当にもの凄い大風と大波です。自然の力には敵いませんよね。そして万が一の、飛来物や波の影響を考え室内待機していましたが、本当に東京では味わえない驚きばかりで、ある意味怖かったです。台風一過の後は、お庭の片づけをしました。だいぶいろいろ飛ばされ秋の収穫を楽しみにしていたみんなの畑も大風と波でやられてしまいました。(残念)しかし最後にご褒美が!見て下さいこの見事な夕日と富士山を。合宿所から見える景色です。さらに、海では様々な漂着物があり楽しかったです。雨の大切さもありますが、今度は気持ちの良いお天気の日にみんなで出かけましょう。また、会える事を楽しみにしています。
追記:新サイトへの移行が遅くなっておりますが、10/1スタートが決定です。会員の皆様には、会員専用ページのつぶやきにて今後の日程を公開します。なお、冬休みスキースクールの講師が決定し、今回も全日本選手権出場のコーチ陣が現地でお待ちしています。また、陸上スキークラブも開催決定!!受付は間もなくです。

更新日:2013年9月11日(水)

鉄棒レッスンステップアップクラスその1

クリックで拡大 9月8日の日曜日の幼児と小学生の習い事パークスクールは、目指せ逆上がり鉄棒レッスンの第一回目でした。本クラスは、2回の連続受講がお約束のレッスンです。初めて鉄棒を握るお友達から、もうすぐ逆上がりの完成間近のお子様まで。少人数でレッスンし一人一人に合わせた無理のない指導を行っています。その為、2回で完結するカリキュラムを組んでいます。さて、本日の参加者はなんと3名。こんな日もあるのですよ。例年、跳び箱・鉄棒・縄跳び・かけっこなどの人気種目は少人数制の8名ですので、すぐに定員に達しますが、今日は秋の特異日なのです。おそらく皆様レッスンを受けたいと思っている方も多いと思いますが、第二回目の10/6(日)は、保育園や幼稚園、小学校での秋の運動会が開催される事が多い為です。年に1回位は特異日と言ってさらに手厚く指導が出来るのでご受講のチャンスです。と言っても、本日のお天気は雨!しかし、東京のびのび教室は開催しますよ。大風や台風などは開催が難しいのですが、お子様をお預かりする保育と言う一面も持ち合わせていますので、雨にも負けず頑張っています。でもご安心を。万が一の雨の場合は、ちょっと手狭ですが屋根付き広場(スペース)に移動しますので、雨の心配は無用。午前中は曇っており、通常通りのレッスンで鉄棒の基本を中心に指導します。お昼前にちょっと雨が降ってきたので移動します。そしてお弁当を食べている時は雨が。ホッ。午後はまた晴れてきたのでお外でレッスンしました。今日は手業が中心の指導で初めての4歳のお友達も怖がらすこの通り。この後前まわりも完成しました。そして、小学生は、あとちょっとで逆上がり完成のお友達も解散時のご両親様の前では、何と1回ですが出来てしまいました!本日は、参加人数が少なくみっちりしたご褒美に1時間早めに終了。でも、みんな見事に目標達成できました。次回は、足技で全員逆上がりが出来ますように。宿題を忘れずにやってきてく下さいね。

更新日:2013年9月3日(火)

秋からのパークスクール新開講

クリックで拡大 9月1日は秋からの体操幼児教室のパークスクールの新開講でした。夏休みのサマースクールにご参加のお友達も多く秋の新開講にふさわしい日曜日のスクールレッスンでしたね。本日のテーマは、秋の運動会対策の短距離走かけっこ。幼稚園や保育園、小学校では春と秋のどちらかに開催されますよね。誰でも一番にって欲しいと言うのが子どもの気持ちであり親心と言うものですね。もちろん、1日の日曜日の短期レッスンですが走り方にもコツがあります。今回の参加者は、早めのお申込みで定員を上回るお申し込みを頂きましたが、夏休みのお疲れからでしょうか?急な体調不良や発熱でお休みが多かったです。しかし、少人数制の8名限定のレッスン。しかも、参加人数が多いとされたので夏休みのサマースクールやアウトドアで人気のいくみ先生も駆けつけてくれました。幼稚園や小学生の運動会の短距離走かけっこレベルでは、スタートダッシュが肝心です。ここさえマスターすれば、だいぶ早くなるはず。今回の参加者も20メートルのタイムトライアルでは全員タイムアップが出来ました。スタートダッシュの前傾姿勢も綺麗になりましたね。秋の大運動会目指して全力で向かって行って下さい。東京のびのび教室も秋からは、大型種目の鉄棒や縄跳びなどが連続講座で登場します。現在、新たなホームページの募集サイトを最終段階で調整しています。ご案内まで暫くお待ち下さいませ。秋からもスクールレッスンでお会いしましょう。

更新日:2013年8月26日(月)

9月開講の新スタートからスキー教室へ

クリックで拡大 またまた、AERA-with-Baby-2013秋号8月に東京のびのび教室のパークスクールが掲載されました。子ども達の夏休みも終わりに近づき東京のびのび教室のパークスクール海の合宿所でのサマースクールも今夏無事終了し週末の9月1日の日曜日の習い事体操教室・秋の運動会対策かけっこ短距離走からリニューアルスタートします。宿泊夏合宿では、親元を離れた慣れない生活から自分達の自身で生活する事の大変さから挑戦するチャレンジ精神も養いました。当教室の会員様の傾向ですが、ステータスのあるご家庭が多いようで温室育ちのでヌクヌク環境になってい様で2泊3日間のサマーキャンプでもハードルが高かった思います。しかし、合宿疲れも癒えて秋の新スタートへ向かい、この夏休みの合宿を糧の自信へと繋がる様にサポートしていきます。通常のスクールレッスンでは、参加の子ども達に伝えていますが、「出来た出来ないではなくそこまでの過程(プロセス)が大切」だと説いております。もちろん、習い事ですので結果を出すのは講師陣の務めですというのは言うまでもありませんが。秋の出来た自信から冬休みスキースクールのジュニアバッチテストを受験し合格取得を目指し共に前に進みましょう。個人プライベートレッスンも平日限定でお受けしています。

更新日:2013年8月23日(金)

AERA with Kids 夏号2013に掲載

クリックで拡大 ご存知の朝日新聞出版から全国発売されているアエラ・AERA with Kids 2013夏号として『夏は伸びる!ダラダラなしで、のびのび過ごす夏休み』と言うテーマで東京のびのび教室のパークスクールが誌面に掲載されました。そろそろ子ども達の子どもの夏休みも終わろうとしていますがいかがお過ごしででしょうか?東京のびのび教室のパークスクールレッスンも9/1の日曜日の習い事体操教室・秋のかけっこ短距離走のレッスンからスタートし、早くもジュニアとキッズの冬休みこどもスキーテック2013までラインナップしています。今後すべての募集要項のご案内は、新サイトで公開できるように日本橋事務局では着々と準備を進めております。現在、テスト公開段階ではありますが、9月の第一週には完全公開を予定しています。特に冬休みスキー教室にご参加予定の方は、募集開始時期がお知りになりたいはず。メルマガ登録も9月以降できるようになりますのでもう暫くお待ち下さいませ。完全公開になりましたら、オフィシャルページならびに本サイトでもご案内致します。夏休み宿泊合宿等でのしっかりとした生活を糧に秋からのレッスンで自信を付け、さらには冬のスキー教室でジュニアバッチテスト合格を目指し素敵な年越しを出来たら良いですね。

更新日:2013年8月21日(水)

キッズとジュニアの体操教室夏合宿終了

クリックで拡大 本日の夕刻をもちまして、2013年夏休み幼児と小学生の為のサマーキャンプ夏合宿を無事終了する事が出来ました。ご参加の皆様、ならびに関係各所の皆様ありがとうございました。今年の子ども達の夏休みもコンセプトの異なるサマースクールを4回開催しましたが如何だったでしょうか?毎年の事ですが、東京のびのび教室の夏合宿は楽しい事ばかりではないと思います。楽しいだけであれば、他のサマースクールに行った方が宜しいかと思います。短期間で身に付く習い事としての位置づけですので、ご両親様の居ない宿泊合宿はハードルが高いかと思います。しかし、それを乗り越えるときっと大きな成長が待っている事と思います。今夏ご参加のご両親様より下記の心温かい感想を頂きました。ご一読頂き皆様のご家庭でもお子様の大きな成長のきっかけと言うカギであって欲しいと思います。
『お世話になっております。いつもご丁寧なご対応とご報告をとても有難く拝見いたしております。メールや報告書での温かいメッセージにも感謝と感激でいっぱいです。 サマーキャンプでは本当にありがとうございました。事前に体操教室に参加して、少し雰囲気に慣れさせたかったのですが、当日初めての顔合わせ、参加となってしまいましたが、とても細やかなご対応、心強いサポートとご指導のおかげで、安心して送り出すことができました。最終日のお迎えでの帰宅途中に、娘は疲れいっぱいの中、「またキャンプに行きたい」と早速言っていました。ですが、りゅうお先生のご助言通り、キャンプ後数日は沢山頑張り我慢した疲れからか、「体操はお泊りない?」とキャンプを少し怖がる一面も見られたり、夜間泣いたりということが続きました。ご助言いただいたおかげで、ゆっくり心のエネルギーの回復も見守れ、毎日のようにりゅうお先生の名前が会話にでてくるくらい、キャンプでの楽しかった経験や頑張った喜びがあふれ出ているこの頃です。キャンプの翌週に2泊3日の家族旅行に行きましたが、荷造りから帰宅後の荷ほどき、洗濯まで自ら進んで取り組めていました。旅行中の荷物の出し入れや、脱いだ服の管理もちゃんとできていて、成長を実感するとともに、本人もキャンプで頑張ったからできるようになったと少し自信につながっている様子を感じました。また、たくさん遊んで疲れても、これまでのようにぐずって「手伝って〜」と言ったり、「もう歩けない〜」と肩車や抱っこを求めることもなくなっていました。キャンプを通じて、気力も体力もUPしたのを感じました。少しずつ、子どもの成長と今の頑張りの継続を見守っていきたいと思うこの頃です。「自分のことは自分で!」を本人も意識している毎日で、つい手を出そうとしてしまう親を制止して、自分で何でもしようという意欲いっぱいです。ただ時間がかかったり、食事面ではやはりゆっくりペースで残してしまうことも多いですが。キャンプ翌日から、積極的にお手伝いをしたがり、キャンプで少し大きいお友達が作っていたお料理を真似してやってみようとしたり、お米を研いだり、配膳も楽しんでいます。美味しく元気いっぱいな紫蘇もありがとうございました。これまで紫蘇を食べなかった娘も、自然の中で育つ紫蘇に出会い、自分で持ち帰った喜びからか、今も大切に水をあげて育て、お味噌汁やおむすびに入れて美味しく戴いております。長くなりましたが、キャンプ参加を通して、貴スクール、先生方と出会わせていただき、親子共々沢山の学びと気づきを戴いています。りゅうお先生、いくみ先生、ちびっこリーダーさん、キャンプでは大変お世話になり本当にありがとうございました。 栞を戴いてから、これまで無意識にいかに手や口を出して、子どもが自分でやってみること、やり遂げることを邪魔してしまっていたかを反省しました。キャンプに向けて「キャンプのおきて」に取り組んでいく中で、日々の育児でも意識して親子で、「自分でやり遂げること」を大事にする習慣が付き始めております。キャンプでの先生からのメッセージやご助言、日々のHPでのコメント等も多々参考にさせていただきながら楽しく拝見させていただいています。来月からの体操教室、冬のスキー合宿も楽しみにしています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。』
以上は、決して東京のびのび教室のサマースクールの成果ではありません。これは、ご家庭での温かい子どもに対する誇り高きプライドのあるご家庭であり、その毎日の生活こそがご教育の賜ですね。あくまで東京のびのび教室では、成長過程をサポートするまでですから。子供サマーキャンプを乗り越えた糧に、秋からの日曜日子供スクールレッスンでは、夏の成果を自信に変えさせられるようにスタッフ一同努力惜しまぬ覚悟でございます。また、皆様にお会い出来る事を楽しみにしています。皆様のご参加心より御礼申し上げます。

更新日:2013年8月20日(火)

スポーツレッスン子ども夏合宿第二日目

クリックで拡大 南房総に所有の合宿所にて、昨日より3日間の日程にて幼児と小学生の為の体操教室スポーツレッスンサマースクールを開催中。本日第二日目です。昨年から引き続きご参加のメンバーも多いので、合宿所の出の生活スタイルもバッチリ身に付いていますね。昨日のスポーツミーティングの時に、気持ち(心)の大切さを子ども達に訴求しました。まずは、やる気スイッチオンにさせ自分で出来る様になりたいと思う事が大切なのですよね。しかも、サマースクールは宿泊を伴っているので、普段の日帰りレッスンとは違い親元を離れた生活をするからこそ、自分の事は自分でやる事が身に付き、自立へ向かいその過程でやる気スイッチが入るのです。これが、本サマーキャンプの多層の種目の跳び箱や鉄棒の逆上がり、縄跳びの二重跳び等の種目攻略のコツです。本日の午前中のレッスンは、個別指導が中心の縄跳びを行いました。連続前まわしの幼児から、後ろ回し、あや跳び、二重跳びまで。レッスン開始後、ピンポイントで指導しましたが、なんとアッという間に完成出来ましたね。これも、宿泊を伴い自立に向かう過程でやる気スイッチが入っていたからでしょう。その上、昨日自分で作ったマイ縄跳びが魔法をかけてくれたのかも。休憩後は、ちょっと駅まで探検に出かけ、ついでに昨日の絵画レッスンの絵手紙をポストに出し、観光気分でプチ登山と光物洞窟見学も。お昼をサクッと食べたら、やはりお楽しみは合宿所前のプライベートビーチでのアウトドアスポーツレッスン。ライフジャケット(PFD)を着用し安全対策バッチリ。シーカヤックやサーフィン、スノーケリングや海でのスイミング教室もありますが、本日は台風のうねりの関係でクラゲが多かったです。その為、途中から砂浜のビーチにて環境エコ活動の一環でビーチクリーンをみんなで行いました。まずは、みんなの気持ちを整え小さなゴミなどから綺麗にしていきます。その後、みんなの意見で一昨年の秋の爆弾低気圧で運ばれてきた、大きな定置網が埋まっているのでそれを掘り出しキレイにすると。スポーツではありませんが、シャベルなども使ってだいぶ体を動かしましたね。大きすぎてまだまだ回収できていませんが、来週のクローズ作業の時に続きをやって完全に綺麗にして地球環境を守りたいですね。みんなキレイにする事で何かを感じた様でした。まさに生きた学習とはこの事です。合宿所の井戸水外シャワーでサッパリしたら、リフレッシュタイムにプチ鉄棒ミニレッスンでいつもとは違ったカリキュラムで楽しみながら秋からのレッスンに備えます。夕食を食べ、夜は一日の振り返りと今回から新しくなった新のびのびフェスタ夜祭。ちびっこリーダーが企画してくれて大射的大会や糸引きくじ等を開催。みんな一日頭も体もフルに使ったのでみんなお疲れモード。就寝準備をしたら、アッという間にに夢の中。今日も一日お疲れ様でした。

更新日:2013年8月19日(月)

スポーツキャンプの子ども体操教室初日

クリックで拡大 日曜日のキッズとジュニアの習い事の体操教室の宿泊合宿が始まりました。東京のびのび教室では、今夏4回目のサマーキャンプですがこれで最終回。秋からのレッスンに備えて、また、幼稚園や保育園、小学校では冬になると全国必須で行われる縄跳びを中心に鉄棒のミニレッスンまで個別指導が中心の特別なカリキュラムを展開。さらには、自社所有の海が目の前のマリンハウス合宿所を利用するので、アウトドアスポーツのシーカヤックや海でのスイミング教室などもしっかりマスターします。参加者は限定6名。日頃からよくご参加頂いているメンバーが東京駅に集合しましたが、ちょっと元気がないかな?と思ったら、バスに乗車するとすぐに盛り上がっていましたね。ご両親様の前ではちょっとだけ照れていたのでしょうか?70分で合宿所に到着。海でのオリエンテーションの後は、合宿所で昼食タイム。2泊3日ですが時間を無駄にする事無く、時間をフルに有効活用し思いっきりレッスン三昧。午後は、まず自作の舞縄跳び作りからスタートします。これは、夏休みの自由研究にもぴったりなカリキュラム。もちろん、よく跳べるようになる魔法の縄跳びの理論に合った縄やグリップを用意するので、毎年よく跳べると評判です。しかも、自分で作るからこそ愛着が湧くのですね。その後、重要な縄合わせのコンディショニングトレーニングを行い、夕食はみんな大好きな焼きそばやデザート等のお祭りメニュー。夜のレッスンは、ちょっとお疲れ気味なのでスポーツミーティングを開催。今回のメンバーへのテーマは、「やる気スイッチオンの気持ち(心)」から最終日の約46時間後の自分をイメージして絵画レッスンにも挑戦しました。こんな臨機応変なプログラム展開が出来るのも少人数制ならでは。明日から本格的なレッスンが始まります。明後日の夕方の到達度テストには合格できるのでしょうか…。参加者みんなアっという間に夢の中。海沿いの合宿所は風が強く非常に涼しい夜です。参加者全員元気ですのでご安心下さい。

更新日:2013年8月16日(金)

主婦の友社Baby-mo(ベビモ)2013夏秋号に掲載

クリックで拡大 2013年夏秋号Baby-mo (ベビモ])が主婦の友社から発売になり、東京のびのび教室のパークスクールが紙面へ掲載されました。現在、全国発売中ですので是非お手に取ってご覧下さいね。さて、お盆も過ぎ夏休みも生活のリズムを崩さずにお過ごしでしょうか?きっと今頃は、子ども達の自由研究などのまとめに入っている事と思います。週明けの19日からは東京のびのび教室の宿泊夏合宿最終回のサマースクールが開催されます。日曜日の習い事・日帰り体操教室の合宿として位置付け、縄跳びを中心としてのレッスンで秋からのスクール開講に備えます。現地からの一般(ビジター)の皆様への御報告は本ページにてお伝えしますね。親元を離れた自分だけの力で生活をする事は、今のご時世だいぶハードは経験になると思います。ですが、心理学的に親に頼り切っている甘えのアディクション行動からの底尽き体験とでも言いましょうか、本当にどん底の体験をする事は失うものも多くリスクも伴います。しかし、擬似体験の期間限定ではありますが、親元を離れた生活を経験し、しかも異年齢児のお友達との共同生活を通じ、自分を見つめ直し他者を思いやる気持ちを育み、そこに開眼。きっと、やる気スイッチがオンになり、今まで以上に意欲的に毎日の生活に取り組み事が出来る事でしょう。これこそが、秋の新スタートに向けて大切な事なのです。困難な事に出会っても立ち向かう気持ちこそが「出来ない事を出来るようにする力」であり、体操教室での跳び箱や鉄棒の逆上がり、縄跳びの二重跳びなどの種目完成に導く根底の力であります。見えない心こそが自信を付けさせる最良の近道であると信じてやみません。モノより思い出とはそういう事ですね。お子様の教育と言う見えないモノに大きな対価を払うその気持ちこそが、親としてのプライドであり、誇り高い本物の価値を見分ける事が出来るご家庭だと考えております。Baby-mo(ベビモ)の紙面では、育児の裏ワザとありますが、子育ての裏ワザではありませんが、やはりコツはありますよね。乳幼児には、至高のの愛情を注ぎ(与える)、幼児や小学生には最高のやり方(コツ)を教える事(与えるのではなく伝える)。それが、やがて自信になり大きく伸びる事でしょう。残りの夏休みも一日一日を大切に過ごし秋のレッスンでお会いしましょう。
追記:9/1の秋の運動会対策かけっこ・短距離走は好評につき定員以上のお申し込みがあり締め切らせて頂きました。次週9/8鉄棒ステップアップクラス逆上がり特訓は、若干お席がございますのでいかがでしょうか。

更新日:2013年8月9日(金)

2013初めてしっかりサマーキャンプ最終日

クリックで拡大 2013今年の夏休みも幼児と小学生の為のお泊りデビューを完全サポートする「はじめてしっかりサマースクール」の最終日を迎えました。本キャンプは、ご両親様の親元を離れ自分だけの力で生活する非常にハードルの高いスクールです。それを徹底的に支援していくキッズとジュニアのスペシャルなサマーキャンプ。3日目の現地の様子を御報告致します。合宿所での生活のリズムもしっかり出来始め、それよりも自分達の手で生活していく力を備え協力や協調性、さらには挑戦する気持ちも芽生え始めてきました。本サマースクールは、初めてでその上しっかりですので、初心者や初級者がメインですが、実は一番ハードルが高い夏合宿なのです。他のサマーキャンプは、アクティビティがメインなのでお楽しみが満載です。ですが、本スクールは生活力を付けるレッスンが多く、今までのご家庭での生活とは違い何でも自分達でお支度や行動をしなくてはいけないので、きっと大変だったに違いありません。でも、当たり前だと思います。きっと今までのご家庭では、優しく何でも子どもの為だと思いやって差し上げたり、いやな事はしなくてもいとサジェストしていに違いありません。でも、それは本当に子ども達の為になるのでしょうか。一見優しさに見えますが、これでは子ども達の成長になりません。『やり方を教えて失敗を恐れずに子ども達を信じトライさせる事』これこそが大切な教育の一つだと認識しています。午前中のお荷物整理や生活巧緻レッスン、クラフトや合宿所のお庭の畑での収穫体験。このシソは、合宿所近隣の小料理屋さんでもお客様に提供される事が決定しました。いかに質が高いかお分かりになりますよね。収穫したシソは根っこごとお持ち帰り教材としてプレゼント。解散時にお聞きしましたが、参加者メンバーの方の経営されている某有名なお料理屋さんでもお客様にご提供して頂けるとお聞きしました。(喜)その後も、帰りのバスまで挑戦は続き、これぞまさに生きた学習ですね。ところでご家庭では、これからどんな教育や生活が良いのでしょうか?と解散時に聞かれます。それは、ここからは親の心構えですが、ご家庭では、良い親を目指すのではなく、毎日素敵な大人でいる事。そんな姿を見て子ども達は大きく成長するものだと考えています。良い親で無くてもイイのです。素敵な大人であれば。きっと子ども達はその姿を見て刺激を受け感化される事でしょう。古いかもしれませんが、親父の背中と言ったところでしょうか。これをきっかけにして気づき親子共々、秋からのスタートとしたいですね。解散式には個別面談でお話していますが、お子様は非常に疲れている事と思います。そんな時、きっと「もう行きたくない」と言ってしまうかもしれません。疲れが癒えたらお子様の話に耳を傾けて下さい。そしてそっと背中を押して秋からのレッスンをスタートさせる事が親心と言うものです。お子様の意見を尊重するのは当たり前で、親がレールを引いてしまうのは良くありませんが、その先のビジョンを見据えてポンッとして送り出す事が重要。きっとその先には、今回の夏合宿の糧が大きな自信へと繋がるはずですから。東京のびのび教室の夏合宿は、どこよりも手厚く指導するので2泊3日でもとてもハードです。ですが、東京のびのび教室の夏合宿を修了すればどこへ行っても「良く出来すぎる生活ですな。」と…。どんなキャンプに行っても楽勝過ぎて楽しい事ばかり。これこそが生活力アップのソフトスキルが身に付いた証拠です。本当にみんな全力で力を振り絞り頑張りましたね。出発の時とはみんな表情が違います。修了おめでとう!!合宿は次回冬休みスキースクールでお会いしましょう。

更新日:2013年8月8日(木)

はじめてしっかりサマースクール第二日目

クリックで拡大 昨日8/7より開催されている「幼児と小学生の為のはじめてしっかりサマーキャンプ」の第二日目の様子を現地より公開しています。本日の夕方の緊急地震速報は誤報との事ですが驚きましたね。こんな時に備えて東京のびのび教室のスクールレッスンでは、お子様の現地の様子がリアルタイムに分かるように会員専用サイトにて、1時間に1回程度現地より日記形式で公開しています。今回の地震速報も、情報確認から子ども達の誘導、リアルタイム日記へのアップまで10分程度で行う事が出来ました。もちろん子ども達も安全でしたし、動揺等の不安感も見せておりません。東京に居られるご両親様も「会員専用ホームページを見たので安心しました。」とのお声も頂きました。これも、第一に現地のお子様の安全を最優先する少人数制のスタイルですし、海が目の前のオーシャンフロントのマリンハウス合宿所でも合宿所上の国道は海抜8.8メートル。しかも、すぐ裏の山を6月に取得・登記しましたので今回の様ないざという時にもすぐに高台に避難する事が出来る様になっています。さらには、緊急時のみに公開となっている相互システムによる掲示板の公開で離れていてもお互いの情報をシェア出来るような安全対策も講じております。今回は、誤報との事でしたが非常訓練だと認識ししっかりとした対応で子ども達を守る事が出来ました。予行演習とは言えませんが、いざという時の本番さながらの対応で良い教訓になったと思います。ご参加の保護者の皆様ご心配おかけしておりますが、子ども達は全員元気ですのでご安心下さい。
さて、初めてしっかりサマーキャンプの第二日目ですが、親元を離れた慣れない環境の中でも必死になって自分のことは自分でをテーマに頑張っている姿が印象的な日でした。合宿所内のキッチンにてご家庭でも作って差し上げられるメニューの簡単な朝食作りから始まり、午前中の生活しっかり講習会や恒例となっているお庭でのお仕事。(責任を持って最後までやり遂げ成し遂げられるようなカリキュラムで達成感を味わいます。都会の高層マンション住まいのお子様には、庭仕事は楽しみながら何かを掴み取っている様です。)さらには、夏合宿ならではの体操教室レッスンのおまけ付き。画像の4歳のはじめてのお泊りデビューのお友達は何もかもが初めてがいっぱい。でも、宿泊を通すからこそ気持ちも入れ替わり短時間でこの通りに跳び箱も簡単に跳ぶ事が出来てしまいました。もちろん、今回も100%全員跳ぶ事が出来ました。また、小学生チームは縄跳びにチャレンジし、二重跳びが20回位も出来る様になったお友達も。初めてしっかりサマースクールは何もかもがスペシャルキャンプですね。午後は、海に行く予定でしたが、幼児や低年齢のお友達を中心に頑張りすぎたのか、ちょっとお疲れ気味なので合宿所内で先生と一緒にのんびり工作タイム。小学生チームは、初めてでも体力もありパワフルチームで取得した裏山に登りツリーブランコを作りました。地震速報の為、合宿所内で合流待機し、ちょっと遅くなりましたがサクッと夕食を食べ夜のレッスンは絵手紙教室とナイト探検でスターウォッチングツアーに出かけました。(曇っていて星の数は少なかったですが。)2日目の夜は、みんな行動もサクッと出来る様になりしっかりして来ました。毎回の事ですが24時間前とは全く顔つきが違います。これが東京のびのび教室の宿泊サマースクールです。明日は東京の戻ります。最後まで伸びるサマースクールは続きます。

更新日:2013年8月7日(水)

第3弾初めてしっかりサマースクールB日程

クリックで拡大 2013夏休みも後半戦になり8月になりましたね。東京のびのび教室のパークスクール宿泊夏合宿も今夏3回目の開催となり本日よりスタートしました。幼児や小学生のお泊りデビューを完全にサポートする「初めてしっかりサマースクールB日程」です。元気に東京駅に7名の子ども達が集合。その中には、先週までの第一回や第二回の宿泊合宿にご参加のお友達の連続参加や昨年も同様のサマーキャンプにご参加のお子様、もちろん初めての4歳のお友達のお泊りデビューなど少人数制の為、ご家庭のご教育方針に合わせて参加のスタイルが選ぶ事が出来ますね。さて、東京駅を出発し意外にご両親様とのお別れもスムーズでJRバスに乗り約70分で南房総に到着し、その後東京のびのび教室所有の海の合宿所まで誰も疲れた表情も見せずに到着しました。まずは、先生と一緒に海でお友達のお名前を覚えたり自己紹介をしたりちょっとしたプログラムを楽しみ、日差しが強いので昼食のお弁当は合宿所内で食べました。その後、オリエンテーションをしたら、さっそく大きなお荷物から海へ出かける準備やお風呂のお支度を。お家とは違い、その上、初めてのお友達が多いので大変かと思いましたが、事前にお手紙を差し上げた通りご家庭でしっかり練習をしてきたようですね。ご家庭でのご教育がしっかりできていたので、合宿所前のプライベートビーチで楽しむ時間もたっぷりとありました。3歳より参加している今回のちびっこリーダーは、自分のボードを持ってサーフィンを楽しみ波の上で立ち上がるとみんな「おぉ〜!」と声が一斉に上がりました。これも、きっと見えないところでたくさん練習しているから披露できる技ですよね。初めてしっかり宿泊夏合宿に参加のみんなも何かを感化された様でした。合宿所に戻り、お庭の井戸水の外シャワーでさっぱりし、このキャンプならではのことですが、夕方はちょっとホームシックになるお友達も多いので、日常の家庭生活のようにテレビも見せてあげました。東京のお家と一緒で安心して自分の居場所を再確認。(本来はテレビではない方法が良いのですが、このキャンプは特別ですね。)夕食も自分たちで準備してサクッと食べたら、夜のプログラムはチームに分かれて進行しました。ちょっとお疲れの低年齢の幼児チームは、お部屋で先生と絵画レッスンを。体力のある小学生チームは、夜の探険で対岸の三浦半島の花火大会見学のおまけ付き。20:30にみんなで集合し就寝準備。やはり、お家を思い出すお友達が多いようで…。ですが、グっとこらえて頑張っている姿が印象的でした。みんな元気に活躍していますのでご安心下さいね。参加の皆様は全員会員様ですので、会員専用ホームページにてリアルタイムにお子様の様子を公開しています。お楽しみ頂けていますでしょうか?明日からも、ほぼ1時間おき程度くらいでアップしますのでお楽しみに…。

更新日:2013年7月30日(火)

幼児や小学生の夏休みは生活のリズムが大切

クリックで拡大 朝日新聞出版の育児誌『AERA with Baby スペシャル保存版 0歳からの子育てバイブル』に東京のびのび教室のパークスクールが掲載されました。現在、全国発売中ですので是非お手に取ってご覧下さいね。幼児と小学生の夏休みの自然体験と個別特訓で体育力を伸ばすスポーツ塾。0歳のベビーからとは言いませんが、ご両親様がその先を考えビジョンを持って子育てをする事は非常に良いと思います。もちろん根底に自分を「好き」でいられる子どもに…。宿泊夏合宿での親元を離れた自分の力だけで生活をする日々はきっと大変な事も多かったと思います。ですが、だらだらしない夏休みには生活のリズムやペースが必要です。その一つが、ご家庭でも出来るお手伝いですよね。子ども達に仕事を見つけさせ、与え、最後までやりとおし責任感を育てる事。それの積み重ねが、最終的には自信となって子ども達を伸ばすものだと思います。ぜひ、合宿所での生活を糧に子ども達の長い残りの夏休み30日の生活に生かして下さいね。0歳からすでに始まっています。4歳になったらぜひ、東京のびのび教室のパークスクールにご参加ください。明日で7月も終わろうとしています。子ども達の夏休みも10日も過ぎてしまいました。しっかりとした生活のリズムを送っていますか?東京のびのび教室のサマースクールは7月に入ってからすぐに開催されています。7月中にしっかりとした生活のリズムを築き8月の夏休み後半へと上手に繋げ、実りある長期休暇を過ごしてくださいね。次回は、8/7〜9の3日間の「初めてしっかりお泊りサマーキャンプ」です。子ども達の笑顔と大きな成長の為に。

更新日:2013年7月24日(水)

第2弾夏休み小学生専門の夏合宿・最終日

クリックで拡大 昨日(7/24)、無事に第2弾の夏休み子供サマースクールが終了し、まだ子ども達の夏休みが始まったばかりですが、早くも東京のびのび教室の宿泊夏合宿の前半戦が幕を閉じました。最終日は、海と山の工作クラフトでした。まず、生活巧緻レッスンでのお荷物作りをしてから合宿所前の海に出かけます。ちょうど大潮の引き潮なので遠浅の海で普段よりも遠くまで歩いて行ける事にビックリ。お魚やイソギンチャク、ヤドカリ、ヒトデ、カラフルなウミウシなどを発見したり、綺麗な貝をを見つけて、工作の材料とする事にしました。そして、ちょっと寄り道をして取得・登記した山でワイルドチャレンジ体験を。まさに子供チャレンジサマーキャンプにふさわしいプチ挑戦でしたね〜。さて、合宿所では何を製作したのでしょうか。みんな夢中になりお家に帰れるパワー(笑)の力作が完成しました。画像を見ても素敵ですね。昼食は海の合宿所恒例のりゅうお先生お手製の「バイバイバーガー」を食べ最後の到達度生活チャレンジテストを行いました。みんな合格出来て無事修了する事は出来たのかな?帰りのバスまでは合宿所内での映画観賞会。最後は海と山のちっちゃな大冒険をして、ラストは海に感謝のお辞儀をしました。帰京のバスは、定刻通りでしたが首都高の夕方の渋滞にはまり15分遅れでの解散式となり、お迎えのご家庭の皆様にご迷惑おかけしました。これで、2013年7月の夏合宿宿泊サマーキャンプは終了しました。来月8からは後半戦です。ご参加の皆様はご準備をお願いしますね。ありがとうございました。

更新日:2013年7月23日(火)

小学生の夏休みチャレンジ第三日目は自由研究

クリックで拡大 こどもチャレンジサマーキャンプの第3日目を開催しています。今日は「研究の日」です。小学生の自由研究にも最適な課題に挑戦します。まず、自由研究と自由工作を間違えてはいけません。あくまで研究をします。では、どうやって夏休みには自由研究をすれば良いのでしょうか?これは夏休みに設定されているからヒントがあります。夏休みは長期休暇になります。その為、ちょこっとやれば出来る事ではなく、手間や時間をかけてこそできる課題が子ども達の夏休みの自由研究には最適でしょう。また、多くの子ども達が普段の生活の場から遠方などに旅行に行きますよね。そこでしかできない事を選ぶとなお良いと思いますね。さらには、研究のテーマに流れがある事…。と、いろいろありますが、自由研究で一番大切な事は、まず子供たちの興味があり、「なぜ?」と思えることから始まります。東京のびのび教室の宿泊夏合宿では、初日よりチャレンジをテーマに、様々な体験から興味を探り出し子ども達の好奇心を開花させる独自のプログラムです。今回のメンバーは、合宿所での生活体験や、大潮の引き潮の時に見つけた海の生き物研究、千葉と神奈川の海水の違いから塩作り、所有の合宿所のお庭の畑での収穫体験などなど、少人数制のため、個人個人のテーマに沿って研究をし1日かけて新聞を作り、最後は発表会のプレゼンテーションまで行います。これは、大人顔負けの充実したアクティビティです。単に体験にとどまらず子ども達の真剣な眼差しで取り組んでいたのが印象的です。小学生の夏休みの自由研究には最適ですね。発表の時には声が震えていたお友達も終了後には満面の笑みで、今まで見たことがないくらい元気になっています。これも大きな壁を乗り越えた挑戦からの産物ですね。夕方から雨が降ってきましたので野外でのナイトプログラムから、急きょ子ども達の自主企画でのびのび祭りを開催。こんな急な子ども達のやりたいモチベーションもしっかりサポートし、即戦力を身に付けるべく積極性を養っています。積極性はプラスにはなってもマイナスにはならないと信じていますから。ちびっこリーダー達は、昨年開催したキッズゴルフを思い出し、ナイトパターゴルフ大会を催して、お祭りムードは最高潮へ。就寝前は静かに振り返りをして消灯しました。本日は、合宿所を中心として研究を行った1日なので体力的にはだいぶ回復していますが、頭をフル回転させたのでまたまたお疲れのようですね。参加者全員アッと言う間に夢の中。みんな元気に活躍し疲れた中にも充実した表情の3日目でした。明日は、最終日東京に帰着するまで子ども達の成長は続きます。(画像は、合宿所のお庭の畑での収穫体験です。)

更新日:2013年7月22日(月)

キッズとジュニアのチャンレンジキャンプ第二日目

クリックで拡大 本日は、子どもチャレンジサマーキャンプの第二日目です。今日は、どんな挑戦をするのでしょうか?起床後、身支度・洗面を済ませ朝食です。合宿所での生活は、子ども達でお米も研ぎもしますし食事も作ります。今朝は、簡単おむすびにチャレンジしました。昨日から、合宿所のお庭の塩釜で参加者が作った、海水からの塩作りでできたお塩を使いました。合宿所の目の前が海なので、子ども達のひらめきからやりたい事をチョイスしてサポートしてあげられるのは良いところですね。何でも自分たちの手で…。ダッシュ村ならぬ合宿村の1日の始まりです。その後、作戦会議をして隣町まで出かけ、千葉県で一番高い山の鋸山(329メートル)にロープウェイを使って帰りはトレッキングと思っていましたが、途中、海で遊びウニを沢山見つけたり楽しみすぎたのかな?「フェリーに乗って神奈川県に行く」とみんなの意思決定で決めました。0メートルからの登山で垂直方向に行くと思いましたが、水平移動でのチャレンジとなりました。このような、小回りの利く運営が出来るのも少人数制ならでは。子ども達をしっかりサポートしています。他団体はプログラムやタイムスケジュール重視で融通が利きにくいのです。「何時何分までに目的地に着かなくては。」というように。しかし、もっとフレキシビリティのあるプランが必要なのです。美しい花があれば立ち止まって話をし、誰かがプログラムにない面白そうなものを途中で見つければ、それにもチャレンジする。そういう事は学校も教えてくれませんよね。さて、対岸の神奈川県には約40分で到着。昨日からの続きで、神奈川県久里浜でも海水を採取して塩を作るそうです。千葉の合宿所前とは味が違のか…。子ども達の挑戦は続きますね。夕方にんぼ返りして、金谷の東京湾フェリーに到着。お迎えの車で海目の前の天然露天温泉へGO!さっぱりしたのですが、だいぶ時間が遅くなってしまいましたね。合宿所に戻り夕食を作って食べて、消灯準備の後は個別就寝としました。今日は一日本当によく動き回りましたね。普段の東京での日常生活では味わえない達成感も多かったと思います。明日からも子ども達の挑戦は続く。

更新日:2013年7月21日(日)

第二弾こどもチャレンジサマーキャンプ初日

クリックで拡大 本日より小学生以上のジュニアとキッズが対象の子どもチャレンジサマースクールを開催しています。本サイトでは、現地での子ども達の活躍をリアルタイムにてお伝えしています。さて、幼児や小学生の子ども達2013夏休みに入り東京のびのび教室では、早くも第二弾のサマーキャンプが開催されています。東京から約70分の所有の海の合宿所ではどのようなアクティビティを行っているのでしょうか…?チャレンジサマーキャンプは、東京からも近くしかも小学生以上が対象なので、初日からも目の前の海でシーカヤック等も思いっきり楽しむ事が出来るのです。お支度や準備、行動などの生活面も小学生以上の経験者だから出来る事ですね。しかも、何度もご参加になっている方が多い本スクールは、自分たちでやるべき事を探して思いっきり満喫しています。(シーカヤックに乗りスノーケルを付けて夕食の食材探しに出かけるそうです。(笑)たくましいですね〜。)当教室所有の合宿所には、様々なアイテムが揃っているのでやりたい事を存分と研究する時間が流れています。その上、少人数制の7名の参加なのでほぼ個別対応のレッスンで海での泳ぎをトレーニングするお子様や海拾いや砂の造形に夢中になる子、はたまた塩作りの研究に励んでいるお友達などなどやりたい事をやりたいだけのびのびと。こんな環境が子ども達の成長過程には不可欠なんですね。明日からも子ども達の挑戦はまだまだ続きます。子ども達の意思決定でプログラムが進むスペシャルサマーキャンプは、明日は山に出かけるそうです。参加の子ども達は全員元気です。ご参加の会員の皆様には、会員特別サイトにてほぼ1時間に1回以上更新しているリアルタイム日記をパスワードを入力の上、ご家庭や外出先よりお楽しみ下さい。

更新日:2013年7月15日(月)

第一弾夏休み子供サマースクール最終日

クリックで拡大 第一弾のハイパーサポートクラブ夏合宿が無事に終了しました。ご参加の皆様ありがとうございました。今回のテーマは、親元を離れた生活と挑戦する気持ち。その為、お楽しみアクティビティの連続と言うよりも、生活面に重点を置き開催しました。ご両親様の居ない親元を離れた生活は、決してお楽しみだけではなく、きっと大変な事や困難な事も多かったと思います。ですが、まずはしっかりとした自分の事は自分で行う合宿生活を経験してこそ、挑戦する気持ちが育ち次へのステップへ向かう事だと思います。まずはご家庭にお戻りになりゆっくりと休憩をして下さい。そして3日間を振り返り何が出来なかったのか?そして、今度はどのようにすれば良いのか考える一つのきっかけであって欲しいと思います。いつか出来るようにではなく今でしょう。参加者全員お泊りデビューを修了し合格しています。東京のびのび教室の宿泊夏合宿を経験していればどこに行っても大丈夫なくらいスキルが身に付いているはずです。今回は、お支度や移動・行動で時間が掛かってしまったお友達も、次回はお楽しみプログラム満載のサマースクールが宜しいと思います。そのようにレベルアップして実力をつけ秋の大きな壁に向かって行って下さいね。いつまでも挑戦し続けるみんなが大好きです。先生も負けませんから。ありがとう〜。また会おうねっ。
次回、7/21より4日間の日程で上級者編の子どもチャレンジサマースクールが開催されます。生活面ではバッチリのお友達が参加するのでダイナミックなアクティビティを満喫し大きな成長を目指します。

更新日:2013年7月14日(日)

キッズとジュニアのサマーキャンプ2日目

クリックで拡大 キッズとジュニアのための夏休みこどもサマースクールが開催され本日は第2日目です。南房総半島の東京のびのび教室所有の合宿所にて子ども達が活躍中。現地より一般(ビジター)の皆様へ一部を本サイトにて公開しています。さて、東京では一部地域で夕立が凄かったようですが、DASH村ならぬ千葉県の子ども合宿村では海が目の前ですが1日中雨も降らず外では日差しが強いですが、室内では海風が心地良く幼児や小学生の子ども達は快適に生活を送っています。昨日は、親元を離れ多少ホームシック気味になるお子様もおありましたが、本日は自立に向かい頑張っております。何でも自分のことは自分でをテーマに初めてのお泊りデビューをサポートしている本夏合宿は、年間型クラスなのでお友達作りもすでにスムーズですし思いっきりアクティビティを満喫すべく、心も身体も24時間前とは見違えるくらい成長しています。例えば、合宿所お玄関にて靴の揃え方は昨日までグチャグチャでしたが、本日は言われなくてもきっちりと整頓されていました。子ども達も、出来る様になり褒められると嬉しそうな表情なのが印象的です。このようなちょっとした事の積み重ねが明日の子ども達の糧になるものですね。本日のプログラムは、昨日のお疲れもあるので30分起床時間をずらしたのも少人数制ならではの子ども達と真剣に向き合ってるからこそ出来る運営体制ですね。そして、起床後の朝食作りから午前中は合宿所では率先して最後まで責任を持って仕事をする積極性を養うべく、都会の高層マンションでは味わえない庭仕事からスタートします。その間、子ども達は入れ替わり体操教室の個別指導をりゅうお先生がしっかりサポート。縄跳びの指導から跳び箱のレッスンまで。初めて跳び箱を跳ぶ事が出来たお友達は嬉しそうでしたよ。今シーズンも参加者全員100%で完成しています。その後、感性を育む食育ランチメニューでした。午後はちょっとお支度が遅くなってしまったのも、これも全部自分自身で考え行動し、お友達も助けてあげる気持ちが育ってきている証拠。なので遅くなって大丈夫。普段から出来た・出来ないのではなくそこまでのプロセス(過程)を重視しているからです。その後、海でのお宝発見ツアーで綺麗な貝をゲット。疲れているので夕食はモリッとデザートまで残さず完食です。夜は、合宿所の裏山までナイト探検へ。綺麗な星空に、画像のようにお月様もキレイで海水面を映し出しています。普段なかなか見る事が出来ない夜の生き物も。こんな充実したわくわくドキドキの連続のプログラムが成功へと導くのだと確信しています。本日も、無事終了しました。参加者全員元気ですのでご安心ください。
追伸:あまりよく撮影できておりませんが、たまには夜の写真をアップしてみました。(お月様確認できますか?)ちなみに、合宿所の裏山ですが…。なんと6月に東京のびのび教室が山を取得し登記してたのですよ〜。詳細はまたお伝えしますね。

更新日:2013年7月13日(土)

夏休みハイパーサポートクラブ宿泊夏合宿

クリックで拡大 本日(7/13)より、子供たちの夏休みの一足お先に早くも幼児と小学生の為の2013サマーキャンプがスタートしました。その第一弾は、年間を通した体操教室パークスクールのメンバーが参加しました。定員6名ですが、お休みの方がいらっしゃったので4歳の幼稚園から小学生1年生まで5名での合宿が始まりました。もちろん開催場所は、ご存じの東京のびのび教室が所有している千葉県の海の合宿所を舞台に3日間の合宿生活が始まります。東京から約70分であっという間に到着。子ども達の移動のストレスのあまり感じませんね〜。しかも、大きなお荷物は全員、往復宅急便を利用して発送して頂いているので行動も楽々で日帰りのアウトドアイベントに近いカタチで開催しています。さて、現地でのお子様の様子の詳細は、東京のびのび教室のオフィシャルサイトの「会員専用ページ」→のびのび日記にてリアルタイムにて公開しています。(本ページは一般の方向けにサンプルとして公開しています。)さて、子ども達は、親元を離れた生活で何でも自分でやる事がまだまだ意識していませんね。初めての経験なので仕方ないことですが…。ご家庭ではなんでも先回りしてやって差し上げていることでも、ここではじっくり取り組みます。子ども達のリズムと合宿所でのリズムが有った時が『宿泊合宿キャンプモード』突入です。まだまだのんびりサンで自分の気持ちを上手く伝えられなかったり大きな壁が沢山ありますが、きっと明日にはリズムが合って大きな一歩となる事でしょう。午後には、海で貝殻を拾ったりお庭の畑でお化け?きゅうりの収穫体験や夜には絵画レッスンも。ちょっと時間が遅くなりましたが、あっという間に夢の中へ。参加者全員元気です。ご安心ください。

更新日:2013年7月7日(日)

夏休み前の子どもスイミングスクール

クリックで拡大 ついに東京も梅雨明けしました。本日は気持ちの良い青空で週末からすっかり暑くなりましたね。夏休み前のこの時期は、宿泊サマーキャンプへ向けて一汗かいて身体の調子を整えておかないと現地で辛くなりますよぉ〜。毎年の事ですが、本日の日曜日の子ども達の体操教室のスイミングスクールは、良い加減の幼児や小学生の夏休み前にはピッタリのレッスンでした。今年も、スイミング教室には水の安全対策からコーチ1名に付き子ども3名の対応です。しかも、特別にスペシャル講師として青山こどもの城の女性水泳コーチが東京のびのび教室に来てくれました。これで今回の参加者の男の子も女の子も、まだ3歳のお子様から10歳の小学生4年生まで個別指導中心のピンポイントレッスンが出来ました。もちろん一人一人練習カリキュラムが異なります。これが少人数制の良いところ。大きな体操教室やスイミングスクールでは出ませんよね。その上、待ち時間もほぼ無いのでレッスンに集中できるからこそ、短時間でも成果が上がる訳です。水泳指導では、幼児の初めてのスイミングで水への顔付けから水慣れ。小学生は学校の水泳検定対策の蹴伸びからぱっちんクロール、そして息継ぎブレス、さらには、平泳ぎのあおり足(挟み足)対策まで。ジャグジーでのふりかえり到達度テストでは全員が目標達成となりレッスンが終了しました。お腹ペコペコなのでお弁当もサクッと食べ、帰りはの〜んびり公園で遊びながら解散場所まで向かいました。途中いかだで遊んだり、東京スカイツリーを見ながら、水泳の真似をして写真をパチリ。目の前の噴水では虹も見る事が出来ました。日曜日の日帰り1日の短時間レッスンでも、これだけの事が出来るのですから、夏休み宿泊夏合宿のサマースクールやサマーキャンプはお帰りになるころにはどのくらい大きく成長しているかはもうお分かりですよね。本日の子どもの城のコーチも「朝の出発時と解散時の子ども達の顔つきが違いますね。(喜)」と感想を話していました。(出発時には3歳の女の子は泣いていましたがお帰りには疲れた中にも自信に満ちた表情でした。)この心地よい疲労がやがて自信に変わり、いつしか大きな成長へと向かって行くことだろう。週末からは、東京のびのび教室所有の海の合宿所での宿泊サマーキャンプが毎週のように開催されます。8月のサマースクールはまだ間に合います。ダラダラなしの夏休みで伸びる!

更新日:2013年6月30日(日)

キッズとジュニアの週末お泊り合宿第2日目

クリックで拡大 幼稚園や保育園の幼児と小学生の為の週末子どもお泊り合宿倶楽部の第二日目を開催中です。本日の日曜日は二日目にして最終日。お泊りデビューやちょっとチャレンジ体験にはうてっつけですね。こんなちょっとした体験も子ども達の大きな冒険へ導き、その出来たから自信を育み、さらに大きな成長へ向かって行くものだと信じてやみません。合宿所での生活は「自分の事は自分で」をテーマにまずは食事作りからスタート。もちろん合宿所には綺麗なキッチンも完備していますから、お帰りになりご家庭でもご両親様にお料理をご馳走が出来るかもしれませんね。そして、昭和レトロなNew old styleの合宿所のお仕事体験です。普段なかなかやる事の無いお手伝いもしっかりこなします。高層タワーマンション等に多くの皆様がお住まいなので、お庭の雑草抜きや玄関の掃き仕事も新鮮に映ったのではないでしょうか?こんな宿泊合宿も自信へと導くチャレンジ体験の連続です。さらには、合宿所目の前のプライベートビーチでは、画像の通りお魚釣りも体験します。目の前が海なので、みんながやりたい事をすぐに実行できるって素敵だと思いませんか。ちょっと合成写真のように見えますが、一切加工ナシの写真です。お魚の種類は違いますが、もちろん、見事に全員が釣る事が出来ました!そして、塩焼きにして頂きました。「普段スーパーやデパートで買って食べるのと違うね〜。(喜)」と子ども達から嬉しい言葉を頂き、普段以上にパクパク食べている姿が印象的でした。この体験の続きは、夏休みサマーキャンプでねっ。現在、2013夏合宿サマースクールの最終受付中です。すでに定員になるキャンプもございますが、スキー教室とは異なり、長期休暇である夏休みはご家族でのご予定のスケジュール調整等で、例年お申込みされる方が1か月くらい前でないと分からない…。とのご意見ですが、やはり低年齢の人気スクールはすぐに埋まってしまいますね〜。小学生は習い事や塾や学校などの日程調整で、1か月前になると一気に定員になってしますスクールもございます。ご予定が分かりましたらお早目に日本橋事務局にご連絡頂けると幸いです。(追加募集は致しませんのでお席の確保をお勧めします。)夏休みサマースクールは、挑戦をテーマに早くもスキー教室のバッチテストも睨んだカリキュラムになっております。是非、年間を通して心身ともにお子様の大きな成長を願っております。
追記:今年の宿泊サマースクールはスゴイ!!特に小学生以上対象の「チャレンジサマースクール」は、あのアウトドア等ではお馴染みのイワタニ社(カセットコンロ等で有名ですね。)の火も電気もいらずにマグマのパワーでお外でもアツアツのご飯が炊ける「野外炊飯器(約15,000円相当)」のプレゼントも決定!!その他の宿泊夏合宿にもお持ち帰り教材などをご用意しています。夏休みの自由研究にも最高です。
全488件 【No.241 〜 No.280】 / 前の40件1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13次の40件